賃貸事務所とレンタルオフィスは何が違うの

賃貸事務所を借りるのとレンタルオフィスを借りることの違いは

賃貸事務所を借りるのが良いかレンタルオフィスの方が良いか

このコラムをシェアする

賃貸事務所とレンタルオフィスの大きな違い

こういった形で事務所を構える形も大きく変化してきましたが、賃貸事務所とレンタルオフィスの大きな違いというのは一体どういうところにあるのでしょうか。
賃貸事務所の場合は不動産屋などに仲介をしてもらって借りる形になるので礼金や保証金、前家賃、仲介手数料などを別に支払わなくてはいけません。
これだけでも相当な初期費用の負担になりますし、全く空の状態で借りることになるので、机や椅子などの備品は全てこちらが購入しなくてはなりません。
こういった初期投資がものすごくかかるので賃貸事務所が割高になる印象があります。
一方、レンタルオフィスは不動産を借りる形ではないので、上記のようなものは一切かかりませんのでコストパフォーマンスがものすごく高いです。
さらに内装やオフィス家具については最初から設置されていますので格安に事務所を開設することが出来ます。

どちらの利用が結果としてよいのか

どちらを実際には利用するのがメリットとして高いのかということですが、法律関係や経理事務所など固い印象のある事務所を開設したい場合には、押し付けの家具や内装ではない賃貸事務所を借りて内装を来客に備えてキチンと拘って作りこんだほうが初期投資は高くつきますが職業上のイメージなども含め結果としては好結果に繋がるでしょう。
一方、IT系やビジネス事務所などの場合は基本的な内装や家具がそろっていればOKなので、ここはレンタルオフィスを利用した方が圧倒的にメリットが高いでしょう、
初期費用を十分抑えた上でパソコンや通信環境といった実際のビジネスに投資を行なっていった方が運営面でメリットが高いですね。
こういった職種によって事務所を使い分けることが個人でビジネスをする場合には重要になりますのでしっかり計画を立てましょう。