賃貸事務所とレンタルオフィスは何が違うの

賃貸事務所を借りるのとレンタルオフィスを借りることの違いは

レンタルスペースの流行で借りる人が急増している

このコラムをシェアする

賃貸事務所から変化する個人経営のオフィス

最近になって賃貸事務所を構える方のニーズも大きく変わってきており、事務所に導入する備品もインターネット用の配線やパソコンなどは必携となり、事務所環境もWifi環境にしておかなくては現在のビジネス環境には付いていけませんので導入が必要になります。
新しく事務所を開く方にはこれらの設備投資も含めてこれからは考えていかなくてはなりませんし、初期費用の増大にも備えて活動して行かなくてはなりません。
また事務所のスペースに関しても新しい形のオフィスルームの提案がされるようになり、今までの単なる賃貸事務所とは異なる形での事務所の形もどんどん提案されています。
最近になってくると経営者の皆さんも今までの古いオフィスの形にとらわれなくなりもっと自由な発想で事務所を構えようとする人が増えてきています。

レンタルオフィスの利用が急増している

そういった動きもあり、現在急速に人気が高まっているのがレンタルオフィスの存在で、多くの個人事業者がレンタルオフィスを利用するようになっています。
こうした背景には個人事業主の事務所開設に際しての初期費用の節約の問題があり、レンタルオフィスにはそういった点でものすごくメリットが高い物件といえるのです。
まず賃貸事務所と違って不動産屋を経由しないので手数料や前家賃、敷金といった余計な費用が一切かからないところがレンタルオフィスの魅力になっており、大きなメリットとなっています。
さらにはレンタルオフィスには大きなメリットがあり、通常は自費で用意しなくてはならない机や椅子、ソファなどが全て最初から無料ですえつけられており、即日入居でもオフィスとして使えるつくりになっています。