賃貸事務所とレンタルオフィスは何が違うの

賃貸事務所を借りるのとレンタルオフィスを借りることの違いは

賃貸事務所とレンタルオフィスを借りる際の大きな違いとは

このコラムをシェアする

個人で起業して営業活動をしている人たち

個人で起業して営業活動を行なっている人たちは皆何らかの形で事務所を構えて営業していることと思います。
しかしよほどのことが無ければ自社ビルというのはありえないでしょうから賃貸事務所という形で借りて営業していると思います。
ほとんどの個人事務所の方々はこういった形で営業しているのですが、いくら借りるといっても結構な維持費がかかってきますので営業利益から割り当てていくのはかなり大変なのではと感じます。
それに事務所を借りるには初期費用がかかり、事務所の机や備品に関しては全て自分で購入しなくてはならずその額は結構なものになります。
これらを借り入れでまかなった場合にはそれらの返済も入ってくるので個人で事業を運営すると言うことは本当に大変なんだと思います。

たいてい事務所を保有している場合が多い

最近はインターネット社会になり、スマートフォンやタブレットのみで事務所を構えずにやっている方々も多いようですが、やはり社会通念的には事務所がキチンとあったほうが何かと良い場合が多いのでたいていの方々が事務所を保有していると思います。
まず存在自体が個人のみだとなかなか信用というものが得られにくいことや、クレームなどの対応に関してはきちんとした住所と固定電話があるほうがクライアントからの見方がずいぶんと変わってきます。
やはり固定事務所を構えている事業主の方が信用面で大きく異なることがありますので、事業を始める際には最初に事務所を構えるとこが重要になって来るでしょう。
構える際には住所や立地も考えたいものです。